ワイモバイルはどんな人におすすめ?評判からわかるメリット・デメリットを解説します。

ワイモバイル
ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンク株式会社のサービスの一つです。

ソフトバンクよりも利用できる容量は少なくなりますが、携帯料金を安くすることができます。 ワイモバイルの強みは家族ではいる家族割引サービスが充実していることでしょう。

格安SIMや格安スマホを販売するMVNO事業者はほとんどが家族割に対応しています。

そんなワイモバイルの評判やメリット・デメリットを調べたので契約前の参考にどうぞ。

ワイモバイルの評判

ahamoに見切りつけて、ワイモバイルで妻と家族割組むことにした。 てなわけで、ワイモバイルでPixel6a一括して来た。 暫く遊んでみよう。

twitter

月々8000円近く払ってたのにワイモバイルにしたら家族割と機種料金なしで月1000円になってワロタ。今まで何してたんだ俺は

twitter

家族で乗り換えることで安く利用できるという口コミが多いです。 といっても注意点もあるので、そこはのちほど解説します。

ワイモバイル 5G やっぱ一番速い 最近は特に速くなって300Mbps前後も多い 自宅で速い順にソフトバンク 楽天モバイル ドコモ au 名古屋市内もだいたいソフトバンク良いと思う

twitter

ワイモバイル速いよね? なんかたまーに変な時に急に繋がらなくなる時あるけど基本的に速い!

twitter

月5GB そこそこ安い 回線速度速い(5G

ワイモバイルなのか…

twitter

ワイモバイルは速いです。UQモバイルahamoといったサブブランド同等に速いです。

ただ、速度に関しては使う場所や時間帯によって変わります。あまり過信しすぎないほうがいいですね。ワイモバイルはソフトバンクと同じ周波数帯を利用しているでソフトバンクで普通に使えていると、ワイモバイルに転出しても問題なく利用できます。

ワイモバイルのメリット

  • 通信速度が速く安定している
  • 家族割りがあるため家族で契約するとお得
  • ソフトバンク系のサービスでセット割が使える
  • Yahooのプレミア会員の特典が利用できる
  • 余ったデータの繰り越しができる
  • 無料でメールが使える
  • 店舗が全国にあるためサポートが受けやすい

通信速度が速く安定している

ワイモバイルは昔から速度に定評があります。サブブランドで速度が速いのはワイモバイルの代名詞みたいなものですから。

またahamoのように急に速度が出なくなるなんてこともあまり聞きません。

家族割りがあるため家族で契約するとお得

家族割りのサービスがあります。家族でワイモバイルを契約すると2回線目以降が1,188円/月の割引になります。

最大9回線まで利用できます。 家族で携帯回線の契約をまとめている人は全員がワイモバイルに転入すると一気に料金が安くなります。

ソフトバンク系のサービスでセット割が使える

ソフトバンク光もしくはソフトバンクエアーの契約をしていて携帯電話の契約をワイモバイルにするとワイモバイルの携帯料金1,188円/月の割引になります。

家族割と併用はできないのですが、自宅のWi-Fi環境も必要だという人は、ソフトバンク光を契約すれば毎月の通信料金を安く抑えることができます。

Yahooのプレミア会員の特典が利用できる

ワイモバイルユーザーはYahoo!プレミアム会員の特典が追加料金無しで使えるようになります。

  • Yahoo!ショッピングで最大+2%ポイント付与
  • お買い物あんしん補償
  • ヤフオクの落札システム利用料がお得になる
  • Yahoo!簡単バックアップのデータ容量が無制限で利用できる
  • 読み放題プレミアムbyブック放題が利用できる
楽天モバイルの契約で楽天経済圏がお得になるようにワイモバイルの契約ではYahoo!経済圏がお得に利用できるようになります。

余ったデータの繰り越しができる

ワイモバイルは余ったデータを翌月に繰り越すことができます。 データが余った分を翌月に繰り越せると損すること無く利用できるので満足感は高いです。

無料でメールが使える

ワイモバイルはキャリアメールがあります。キャリアメールは2種類ありますが、無料で利用することができます。

フリーメールとは違い信頼性は上がりますが、携帯キャリアを乗り換えたときにメールアドレスを維持するのは有料になります。

もしキャリアメールを利用するのは、その後のことも考えておく必要があります。

店舗が全国にあるためサポートが受けやすい

店舗が全国にあるためにサポートが受けやすいです。

ショップ一覧はこちらで確認できます。

ワイモバイルのデメリット

  • 格安SIMの中で安い方ではない
  • 一人で契約しても安くならない
  • 購入できる機種が少ない
  • 節約モードがない
  • オプション系が複雑

格安SIMの中で安い方ではない

格安SIMの中では料金は安い方ではありません。

項目SML
通信量3GB15GB25GB
料金2,1783,2784,158

1番通信容量の少ない3GBでも2,178円します。3GBのプランなら1,000円ほどで契約できるMVNO事業者も多くあります。

その料金と比較すると割高です。

一人で契約しても安くならない

ワイモバイルの料金プランを安く契約するには家族複数人での契約が必須です。

ですから個人でワイモバイルの申込むことはメリットがありません。他のキャリアの回線だと遅い場合にソフトバンク系列でということになると思いますが、それならラインモでいいのではないかと。

一人での契約はメリットがありません。

購入できる機種が少ない

キャリアとの契約と比較すると、どうしてもiPhone、Androidともにハイエンド機の販売はありません。

最新のハイエンド機種を契約するとなると別で購入する必要があります。

節約モードがない

ワイモバイルには節約モードがありません。

節約モードは通信速度を落とす代わりに、月間の通信量にカウントされないモードです。この節約モードだけで通信する場合には無制限で通信ができます。

たとえば、普段は速度を必要としないテキスト中心のSNSしか使わないから節約モードにしておいて、動画や画像をみたいときだけ高速モードに切り替える。など運用ができます。

ですがワイモバイルには節約モードがないため、通信したぶんはすべて月間の通信量にカウントされてしまいます。

ワイモバイルがおすすめな人

  • ソフトバンクが一番電波がいい
  • 無制限でなくてもいいから速度は落とさずに料金は安くしたい人
  • 自宅の固定回線がソフトバンク光
  • 繰り越しプランがある

ソフトバンクが一番電波がいい

自宅や移動範囲の電波はドコモやauよりもソフトバンクのほうがいい。 こうした環境の場合にはドコモやauのサブブランドよりもソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルのほうが相性がいいです。

特に速度が落ちにくく安定しやすいです。ソフトバンクの電波がつかみやすいならワイモバイル転出はおすすめできます。

無制限でなくてもいいから速度は落とさずに料金は安くしたい人

ソフトバンクの料金は無制限もしくは3GBのプランしかありません。無制限プランを選択するとどうしても料金が高くなります。

無制限までは必要ない方は自分の必要なぶんで契約ができるワイモバイルも選択肢としてはありです。料金を下げて、通信速度はあまり変わらずに利用できます。

自宅の固定回線がソフトバンク光

自宅には光回線を引いていて、それがソフトバンク光の場合には、ワイモバイルを契約すると携帯代金が1,188円/月割引されます。

固定回線にソフトバンク光を契約しているならワイモバイルはおすすめです。

繰り越しプランがあるサービスがいい

使わなかった分を翌月に繰りこせるので無駄がありません。 ワイモバイルも繰り越しプランに対応しています。

ワイモバイルをおすすめしない人

  • 一人で契約する
  • Yahoo!のサービスを使わない人
  • とにかく携帯の通信料金を安くしたい

何度か書いていますが、ワイモバイルは1回線契約だけでは料金が安くなりません。 むしろ割高なプランになってしまいます。

またYahoo!のサービスをまったく使わない人だとそれ以外の恩恵もうけられません。

こうした人にはあまりメリットがないためにワイモバイルはおすすめできません。