ホーム > 政策・ビジョン

政策・ビジョン

政策・ビジョン

「私の決意。」

相模原市が政令市となり県から多くの権限が移譲されましたが、市だけでは完結しない課題も依然多く残っています。
特に、安全・安心の中心である災害対策や犯罪対策、市民の暮らしを守る治山や治水、命の源である水源の保全などは、県や県警察の大きな仕事です。
本格的な人口減少と急速な高齢化を迎えた今日。
「成長」を前提とした政治・行政が通用しない時代になりました。
政治の 要諦は、「人々のいのちと暮らしを守ること」。
慣例や前例に捉われず、県政の進化に向けて、果敢に挑戦し続けます。

神奈川県議会議員 八木大二郎

県政の進化をめざす 八木大二郎の重要目標

議会改革

1.県議会の能動的機能発揮

県民の付託に応えるためには、知事の提案を待つだけでなく議会から積極的な条例提案や政策提言をしていく必要があります。
平成26年には私たち自民党県議団が中心となり「手話言語条例」を議員提案し成立させました。
今後も能動的に議会の機能を発揮し、政策の実現にリーダーシップを発揮します。

2.透明化と情報公開の充実

兵庫県議会で問題となった政務活動費。
神奈川県議会の使途基準は厳格で領収証も必須であるが、公開までに時間がかかりすぎるため、早期公開をめざします。
また、県行政や県議会のあらゆる分野で透明化と情報公開を進めます。

主要政策

1.安全に暮らせる街に

頻発する自然災害。
県民のいのちと暮らしを守るため危機管理対策を充実し、災害対応力の強化をめざします。
また、犯罪のない安心できる地域をつくるため、防犯カメラの増設や県警察の機能強化を推進します。

2.健康寿命日本一の神奈川を

「健康寿命日本一」をめざし、がん対策や認知症対策の強化をめざします。
また、重度の救急外来に対応できる医療機関の充実と救急連携を推進します。
なお、花粉症は健康被害です。
これまでも発生源対策を強く求め無花粉スギの開発を進めていますが、さらに普及させ「花粉ゼロ」をめざします。

3.次世代が定住し 働く環境の充実した地域に

地域の活力は、次代を担う若者の定住と働く環境の充実にかかっています。
私は県内への企業進出のネックとなっていた規制の緩和を提案し実現しました。
緑区や周辺地区にさらに多くの企業が立地し雇用の充実をめざすため、企業立地支援施策の充実を図ります。

 


八木大二郎Facebook 八木大二郎総決起大会写真ギャラリー がんばろう日本! 自民党 かながわ自民党 神奈川県 相模原市 八木大二郎後援会